繊細なお肌は敏感肌向けファンデーションでカバーしつつケアしよう

目を閉じる女性

潤い不足をサポートする

スキンケア

セラミド入りコスメの魅力

肌の表面には角質細胞がレンガのように規則正しく並んでいて、そのすき間を埋めるように細胞間脂質というものがあります。この細胞間脂質の重要な成分がセラミドで、水分を挟み込んで離さないという作用を持っていて、肌の潤いをキープしてくれています。また、角質細胞のすき間から、異物が肌に入ってこないように守る働きもしています。セラミドが少なくなっている乾燥肌は角質同士の間にすき間ができてしまって、そこから水分が蒸発し、乾燥しやすくなっています。かさかさした乾燥肌を潤い肌に近づけていくためには、化粧品でセラミドを補ってあげて、肌の保水力と保護力をアップしてあげると効果的です。化粧水や美容液、クリームなど、たくさんのセラミド入り化粧品がありますから、使いやすくて肌に合う物を取り入れてケアしていきましょう。

保湿美容液で潤いアップ

化粧品はそれぞれ働きが異なっていますから、化粧水のみのケアでは保湿は維持できません。化粧水にも保湿成分が配合されていますが、元々水分を肌に補う役割を持っていますから、保湿成分が含まれている割合が少なく、化粧水のみでは水分が蒸発してしまいます。特に乾燥肌の方は潤いを肌にとどめておく力が弱くなっていますから、しっかりと油分も補える乳液やクリームも使いましょう。乳液やクリームでも乾燥を感じる部分があるなら、保湿美容液の使用がおすすめです。化粧品の中でも美容成分の濃度が高く濃厚な美容液は、肌の潤いをサポートしてくれる保湿成分が豊富に含まれています。少量でも高い保湿力を発揮してくれますから、潤い力が低い乾燥肌には助けとなってくれます。