繊細なお肌は敏感肌向けファンデーションでカバーしつつケアしよう

長髪の女性

瑞々しい肌へ

笑顔の女性

顔が突っ張る感じがして気分的にも嫌になる乾燥肌は、時期的なものと慢性型に分かれます。対策はどちらもほぼ同じで、食べ物や正しいスキンケアでかなり改善させることができるので、諦めずにきちんと食事をして健康に過ごしましょう。

潤い不足をサポートする

スキンケア

角質層の保湿に重要な役割を果たしているのがセラミドです。肌内のセラミドが減少している乾燥肌は化粧品で補って挙げると効果的です。また、化粧水のみでは保湿はできませんから、乳液やクリームをしっかり使って、かさつく部分には美容液を導入しましょう。

乾燥から肌を守る化粧品

美容液と女性

水分がほとんどの化粧水では、乾燥肌の保湿は不十分ですから、保湿美容液を使用するのがおすすめです。水分を閉じ込めて肌に栄養を与えてくれて、肌状態が良くなります。また、成分の確認や浸透力などを調べて、口コミを参考にすると良いでしょう。

体質を考慮し選ぶ必要あり

ファンデ

パウダータイプがよいです

敏感肌の場合、化粧品に含まれている化学物質に反応し、肌の調子が乱れやすくなっているため、低刺激のファンデーションを選んでいく必要があります。そこで、ファンデーション選びにおいて大切となるのはどのタイプのものを選んでいくかです。一般的にパウダータイプのファンデーションは低刺激とされていますが、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは肌にダメージを与えやすいとされています。というのも、いずれのタイプも仕上がりなめらかにするために乳化剤をどうしても入れざるを得なくなるからです。したがって、たとえ敏感肌用と謳っていても肌へのダメージを考慮すると、パウダータイプのファンデーションを選んだほうが無難と言えます。

美の追求も可能です

現在、敏感肌用のファンデーションでも仕上がりが綺麗に見える商品が多く出ています。また、エイジングケアにも対応した商品も出ています。以上のような商品はよく敏感肌の人に選ばれています。近年、敏感肌でも美を追求したいという需要が出てきました。そのため、各化粧品会社が肌へ優しいかつ仕上がりが綺麗に見える商品を販売し出すようになりました。そのため、かつてのように敏感肌の人は美を追求できない訳でなくなりました。しかし、どの商品が肌に合うかは人それぞれです。ランキングに上がっている商品が肌に合わないケースも考えられるため、まず気になった商品があるのなら、サンプルやお試しキット等から試してみると自分に合う合わないが分かります。